熱中症の季節は 血液ドロドロにならない

蒸し暑い夏は熱中症にならない予防、身を守る事が必要です。あまり気温が高くないと感じられても湿度が高い所は熱中症の影響を強く受けます。


shikke_atsui.png


体から水分やミネラルが失われ 血液がドロドロになったり詰まったりすると、細胞に酸素が届けられなくなります。

kekkan_byuki01.png

「くらっ」とくる めまいや立ち眩み。頭痛 吐き気 手足の痺れ(しびれ)といった熱中症のような症状を感じたら「かなりやばい」と思って 涼しい所に緊急退避しましょう。


natsubate_businessman.png


良く熱中症予防には水を飲めと言われます。でも汗をドッとかいたり トイレが近くなって飲んだ水をミネラル分と一緒に排出してしまう。そうでなくてもお腹が水でタプタプになったり胃液が薄まって気分が悪くなったりする事があるものです。

熱中症


このさい

を身につけて 熱中症だけなく 脳梗塞や心筋梗塞 糖尿病や認知症などにならない体質を目指しませんか?

この記事へのコメント