スポンサードリンク
seiryuu08_L.jpg

2007年12月12日

食べた物を完全燃焼させる。

戻る
体の健康メニュー
体の健康_血液編 >食べた物を完全燃焼 > 体によい食べ方
                         >体の隅々迄酸素供給
                         >細胞を元気にして代謝をよくする



  takibi.gif

  

食べた物を完全燃焼させる



当サイトでは無理なダイエット、食事やアルコールの制限ではなく
 食べ物の完全燃焼により
  血液をきれいにする生活習慣をお勧めします。

  ポイントは3っつです。

   @.体によい食べ方

   A.体のすみずみまで酸素を供給する。

   B.細胞を元気にして代謝をよくする。





メタボや糖尿病、高脂血症、動脈硬化や肝硬変、痛風などに
食べ過ぎや飲み過ぎをやめましょうと
TV、新聞雑誌、サイト、定期健康診断でもらうパンフレットで
言われます。
 でも
 ダイエットの誤解をよくみうけます。
  ダイエットのしすぎやバランスの悪い食事は
  血管の老化を早めるなど健康を損ない
  病気に対する抵抗力が弱まりますので要注意ですよ。

<解説>                   
血液は
 体中の60兆個の細胞が生きるのに必要な
  栄養と酸素を運びます。

細胞は呼吸を行い
 養分(糖分)と酸素を二酸化炭素と水に変えエネルギーを得ます。
  これが燃焼です。

細胞の呼吸.gif

 焚き火(たきび)の様に火をおこさなくても
  燃焼する事ができます。
   生命の凄いところです。

焚き火(たきび)を想像してください。
 マキが適量で酸素を十分供給すれば
  完全に燃焼して燃え残りは殆どありません。

ところが
 ・マキが多すぎたり
 ・酸素が足りなかったり、
 ・火の勢いに元気が無ければ
   煙を出して燻り、マキは燃え残ります。
    これが不完全燃焼です。

体の細胞も、
 × 養分が多すぎたり
 × 酸素が不十分だったり
 × 細胞に元気がなくて代謝が悪いと
  不完全燃焼を起こします。

   不完全燃焼は血を汚します。

メタボ、糖尿病、高脂血症、動脈硬化、肝硬変 
一度かかると完治しない恐ろしい病気の元は
不完全燃焼による血液の汚れから来ています。

なるべく燃え残りの少ない完全燃焼を目指しましょう。





タグ:完全燃焼
posted by 花翠 at 00:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 血液をきれいにする | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/127834984

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。